上場する際に「想定価格を下回った」というケースも

株初心者がおすすめなワケ

Yahoo! JAPAN

上場する際に「想定価格を下回った」というケースも

株初心者がおすすめなワケメイン

株の世界にもあるご祝儀相場、そのような上場株を買っても大丈夫?買ってはいけないという事はありません。ただし注意はしましょう。

上場する際に「想定価格を下回った」というケースも

株式上場で公開価格や想定価格を下回ることは良くあります。

どういう背景があってそうなるのか、初心者の方にもわかるようにお話ししてみましょう。

▽3つの局面があることを知ってチャレンジ。

上場の際の初値が想定価格を下回ったり上回ったりするのには、3つの局面から株価の成り行きを分析する必要があります。

1つは上場・上市した企業そのものに人気がなかったり、あるいはトラブルや不透明感が噂されていたりという当事者の問題です。

2つめは外的要素です。

たとえば中東やヨーロッパで不測の事態があると、円を売ってドルを買う。

日本株を売って他国の株を買うといった流れになります。

▽景気が悪いトレンドのときは売りが優勢。

3つめは、景気そのものが悪化して景況感に下向きなトレンドが出ているときです。

こうした局面では、「利益確定のための売り」といって、これ以上株価が下がって損失がでないうちに、多くの株式銘柄が一斉に売却され、結果として市場全体の株価平均(日経平均など)が下がります。

運悪くこのような時期に上場した企業の初値は想定より安値に留まります。

株式投資に不慣れな初心者のうちは、一応このような3つの局面があることを意識しておきましょう。

株初心者の方にオススメ記事≫https://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170819/Toushin_3911.html

▽未公開株は厳禁ですが、市場にデビューする企業の株を買うだけなら安全性は高いです。

相談者の質問にあるとおり、必ずしも初値がご祝儀で跳ね上がって高くなるとは限りません。

そのことを知って投資するなら、初心者でも悪くはないと思います。

ただし初物の株は、過去の推移がなく先行きが見えないので、当面は乱高下もあると思っておきましょう。

元本保証も何もないのが投資です。

PickUp Entry

株の初心者が長期投資を行うとしたら

長期投資や投資先の業界のこれからとは。まず長期とはどの程度の期間を想定したものか、株式市場の現状を含め一度考え直してみましょう。

株の初心者が未公開株を買っても大丈夫?

投資のベテランであってもそうですが、特に株の初心者は未公開株に手を出してはいけません。その理由について説明します。